低価格の秘密

あこがれののオールセラミックを驚きのロープライスで・名古屋・東京・大阪

審美歯科の秘密教えます








歯科審美治療とは

歯科審美治療(しんびちりょう)とは、歯の歯並びや形等の見た目を美しくすること目的とした歯科医療分野のことを指します。
保険内ではレジンや金属での治療となる為、特に色については美しくするには限界がございます。それを解決する為に自費診療(保険治療外)というもので、オールセラミック等の歯を使用し治療を行う事となります。
ただし、自費診療は医院により価格設定は自由なため値段は決まっておりません、ほとんどの医院でオールセラミッックが10万円以上と高く設定されております。
また、同じ素材での治療なのに東京は地方に比べて1本あたり3〜5万円高かったり、同じエリアでも1〜2万円程度違う事はよくあります。

審美歯科の金額の割合

歯科で治療をされると「一本15万円」というような価格を提示されていませんか?
こちらに関して詳細を提示している歯医者はほとんどございません。なぜなら、意外にも装着している歯は安いという事が わかってしまうからです。義歯代と治療費、いったいどれぐらいの割合なのでしょうか。

治療費は10万円くらいかかるものじゃないの?

こちらについても、オールセラミックだからといって凄く特別な事はしていません。歯を削っているとはいえ、10万円も取る様な内容ではございません。

下の治療の流れをご覧ください


装着する義歯がオールセラミック製だからといって凄く特別な治療はをすることはほとんどございません。保険内の治療のプラスチック製や金属の歯を装着するのとほぼ同じ内容の治療をいたします。保険治療が患者様3割負担とはいえ、こんなに治療費に差が出るのは疑問に思います。
保険治療が適用される素材の歯科製品を使っているのか、保険が適用されない自費診療の素材を使用しているのかの違いです。違いがあったとしても少しだけ良い接着剤を使用したり、少し削り方を変えるくらいです。なのに技術料などと言ってかなり高額に請求している歯科医師が多いというのが事実です。
自費診療ではもちろん保険診療より良い製品を使用しているのですから少しくらい高額にはなりますが、歯科医師の技術料がそれに伴って10万円もの違いがあると言うのは考えにくいものでございます。
歯科審美治療は歯科医が自由に金額を設定し、ただ、無知なお客様から高額な治療費を請求できる、歯科医の稼ぎ所になっているのです!


ですので条件があるとすれば、「当社提携の歯科で治療を受けていただく事」でしょうか。そのためお客様の最寄り駅に必ず医院がある訳では有りません。 利益はそこそこに患者の為にがんばろうじゃないか!」とおっしゃってくれる歯科もそうある訳ではないので、これだけはご理解ください。


次ページ
治療費の計算方法へ
お問合せはこちら