オールセラミックの素材とは

あこがれののオールセラミックを驚きのロープライスで・名古屋・東京・大阪

オールセラミックについて教えます

補綴物(被せ物や詰め物)の素材には幾つか種類が有り、主にセラミック、金属、レジン(プラスチック)がございます。
自費診療で主に使われるのはセラミック、保険診療では素材が安価な事から金属とレジンが主に使われております。
その中でも一番人気のオールセラミック製の歯についてお教え致します。

1.セラミックとは

ダイヤモンドやお皿

セラミック(セラミックス)とは陶磁器などの無機質のものを焼き固めた焼結体を言います。
シリコンのような半導体や炭化物、窒化物などになりますが、それだけではいまいち分かりにくいかもしれませんね。
日常生活で触れるものだとガラス、陶磁器の食器、ダイヤモンドなどもこの中に含まれます。

2.セラミック製とオールセラミック製の違い

オールセラミックの違い

セラミック製とオールセラミック製は何か違うんですかと良く聞かれますが半分正解で半分間違いです。
この微妙な違いをお教え致します。

オールセラミック製・・・その名の通り「全てセラミック」で出来ているので、金属アレルギーの心配が無く、変色しやすいプラスチックも混じっておりません。
セラミック製・・・一部でもセラミックが使用されていればセラミック製となります。そのため金属やプラスチックが混ざっている事がございます。

 

セラミックと金属を組み合わせたメタルボンドや、セラミックとレジンを組み合わせたハイブリッドセラミック(ハイブリッドレジン)もセラミック製と言う訳です。
セラミックは一番大まかなくくりと言う訳ですね。なのでオールセラミックもある意味ではここに属すので、半分正解と言う訳です。
図を見て頂く分かるおとおり、セラミック製が一番大きなくくりで、その中に「セラミックのみのオールセラミックが属しております。」

3.オールセラミックの特徴

変色、アレルギーなし

オールセラミックは全て白いセラミックから出来ており、天然歯の様な自然な透明感やグラデーションを再現する事が可能です。
フレームに金属を使用しているメタルボンドでは金属が透けて黒い影なったり、溶け出しで歯茎が黒ずむ事がございますが、オールセラミックにはございません。
また、ハイブリッドセラミックのようにプラスチックが混ざっている分けでもないので、変色をしたりする事もございません。(※オールセラミックも歯磨き等のメンテナンスをしないと表面に汚れはつきます)

 

ジルコニアはセラミックの歯の中でも比較的新しく、強度も高いです。そのため。前歯奥歯共に治療が出来、余程特殊な症例を除いて、ほとんどの治療に対応が出来るようになりました。